[メシマコブ]
 タバコウロコタケ科キコブタケ属に属し、漢方でも薬効性キノコとして…。多年生の為、栽培は困難。
[アガリクス ブラゼイ]
 ブラジルに自生していたキノコ。現在では日本や中国で人工栽培に成功し多くの方が愛用しています。
[ヤマブシタケ]
 独特の作用にボケ防止などがマスコミで話題ですが、中国では高級食材や漢方にも利用されてます。
[ハナビラタケ]
 白い花がぱっと開いたような外観でβ‐グルカンが豊富に含まれていることで知られています。
 その他のキノコ                 [冬虫夏草] [カバノアナタケ] [マツタケ]   [シメジ] [マンネンタケ]
◆メシマコブ菌糸体成分中の活性物質とその機能:TAXIScan™によるマスト細胞脱顆粒抑制解析   中村・青木・金ヶ嵜・玉谷            (2005.12) 日本免疫学会( in横浜)  ◆アガリクスブラゼイ菌糸体抽出物へのビタミンC添加における抗腫瘍活性
秋山・佐藤・中村
(2005.08)日本きのこ学会 (in広島)  ◆Genetic analysis and various pharmacological effects in Phellinus linteus.
T.NAKAMURA ,Y.AKIYAMA , and H.KAWAGISHI  (2005.07) MSA/MSJ Joint Meeting 2005 (in Hawaii ,America)
  ◆ヤマブシタケ菌糸体由来の抗MRSA物質
増井・徳山・中村・秋山・河岸
(2004.03)日本農芸化学会大会(in広島)


◆メシマコブに含まれるヒスタミン遊離抑制物質
植田・中村・秋山・春日・駒井
(2004.03)日本農芸化学会大会(in広島)

◆液体培養メシマコブ菌糸体分画と抗腫瘍活性

佐藤・中村・秋山・松郷・兎束 ・松尾・河岸
(2004.03)日本農芸化学会大会(in広島)

◆Research of the pharmacological effect of
Phellinus linteus mycelia

T.NAKAMURA, Y.SATO, Y.AKIYAMA, S.MATSUGO,Y.UZUKA, S.MATSUO and H.KAWAGISHI (2003.10)International Symposium on Free Radicals and Health (in Yamagata,Japan)

◆Anti-tumor effect in mycelia components of
Phellinus linteus

T.NAKAMURA, Y.AKIYAMA, Y.SATO, S.MATSUGO,Y.UZUKA, S.MATSUO, H.KAWAGISHI (2003.07) Bio Thailand 2003 Technology for Life (in Pattaya,Thailand)

 
エフェクター細胞研究所日本全薬工業らと動物用健康食品の共同研究開発契約を締結         弊社独自の特許取得技術を用いて培養されたキノコ菌糸体成分を、動物向け健康食品として商品化すべく、東大発ベンチャーのエフェクター細胞研究所、動物用医薬品メーカー日本全薬工業らと共同研究を開始しました。
やまなしバイオフォーラムにおいて産学官連携に関する発表
去る1月28日 (土) 、県内のバイオ産業にかかわる関係者による、組織の枠や肩書きを超えた交流、情報交換の場であるやまなしバイオフォーラムが、ベルクラシック甲府で行われました。産学官連携による研究開発の実例、成果について弊社研究所の所長中村友幸が「キノコ類における機能性
評価を通しての産学共同研究」と題して発表しました。

2005年日本免疫学会においてメシマコブ菌糸体中の活性物質とその機能に関して発表           エフェクター細胞研究所及び弊社応用キノコ研究所の共同研究により、メシマコブ菌糸体中の活性物質とその機能解析を行いました。 TAXIScan™を用い、マスト細胞における脱顆粒を調査した結果、メシマコブの特定の分画に活性が認められました。この成分は、花粉症をはじめとするアレルギーの抑制に効果が期待されます。                   《2005年12月 日本免疫学会 横浜 で発表》

メシマコブで抗アレルギー作用
  及びヒスタミン遊離抑制を確認

 ヒスタミン遊離抑制作用に関する調査を行った結果、ヌクレオシドのアデノシンとN-Hydroxy-N-methyl-adenosine を単離・同定することに成功しました。また、市販のインタール試薬と比較した結果、これらはインタールを上回る活性を示しました。
《2003年 日本農芸化学学会 東京 で発表》

 詳しく見る

 

異常気象と花粉症         今年は、暖冬になるという予想でしたが、全国各地で記録的大雪が観測されています。鹿児島県・種子島でも、12月としては40年ぶりとなる雪が観測されたそうです。2月までは寒冬が続き、3月に入ると平年並みか高めの気温となるようです。          また、2006年の花粉量は、大量飛散した今年と比べると少なめで、飛散開始も例年並かやや遅いようです。ですが、今年の大量曝露後の花粉症患者さんにとっては注意が必要なようです。 (2005.12.26)



 エビデンスを取ることは必要であるが、最終目標としては如何に人体に対し有用性を示すか、疾病で苦しんでいる方々に対し改善効果を示す製品を提供できるかが重要であり、そのためにも臨床試験を含めた更なる有効性の調査を進めてまいります。
平成15年10月 取得
特許名:アレルギー反応抑制剤
特許番号:特許第3480926号

平成16年10月現在
◆メシマコブに関する特許 6件 申請中
◆メシマコブに関する国際特許(PCT) 1件申請中
◆アガリクスブラゼイに関する特許 1件 申請中
◆ヤマブシタケに関する特許 1件 申請中

 社名IBIは「情報・生物学・研究所」の英頭文字です。万物は情報により成立しているという観点から生物の生い立ちである、情報と生命を科学し、人類及び地球環境に貢献するという目標を現しております。

 


(C) 2004 IBI Corporation. All rights reserved.